初冬の自転車徘徊

白化粧した山が遠くに見える季節。枯れ葉といっしょに風の吹くままお家からそう遠くない辺りを徘徊しませんか。目的地も何も決めずにサイクリングすることを、ランブリング(Rambling)と言いますが、僕は徘徊の方がしっくりくる…

1週間前

英国覇権を握る/第四世代安全車

ドイツ・フランス・イギリス3国による自転車王国の覇権争い。第三世代自転車巨大前輪のペニーファージングでイギリス勝利。更なる高みを目指す絶対王者イギリスとその武器となった19世紀末の第四世代安全車発明物語。 安全と速度の両…

2週間前

SNS時代で入れ替わった

サイクリング好きな人たちの傾向がすっかり入れ替わった。団塊の世代が愉しんでいた世界観が崩壊。時代はどこに向かう?2005年にクロスバイクと呼ばれる車種がドロップハンドルのスポーツ車より増えた。同じスポーツ車でもクロスバイ…

2週間前

自転車に乗って見る日中経済
━コロナを超えて

(駒形哲哉 霞山アカデミー新書 2021年刊) 本書は、中国自転車産業研究の第一人者である慶応義塾大学経済学部駒形哲哉教授が、中国の改革開放・市場経済化とそれに連動して起こった日本の産業空洞化の歴史的変遷を踏まえながら、…

4週間前

1940 幻の東京オリンピック

スポーツの秋ですが、幻の東京オリンピック、ご存知でしたか? “皇紀2600年記念”として1940年に目論まれたオリンピック。立候補から招致運動、実施決定から日中戦争勃発で開催返上などの経緯はWikipediaに掲載されて…

1か月前

デザイン力で稼ぐ(3)
ジョルジェット・ジウジアーロ

彗星の如く現れ、20年間にわたって自転車史に光芒を放ったジュニアスポーツ車。その技術的遺産は?そして掉尾を飾った世界の自動車デザイナージョルジェット・ジウジアーロ。建築デザイナー黒川紀章。巨匠たちのサイクルデザイン物語。…

2か月前

欧州三国志/だるま車登場

ドイツで生まれた始祖・足蹴り式自転車「ドライジーネ」。次いでフランスで第二世代の前輪ペダル駆動車「ミショー型」誕生。さらにイギリスで発明された第三世代の巨大前輪車「ペニーファージング(だるま車)」。独・仏・英3国による自…

2か月前

鳥山新一さんを偲ぶ

団塊の世代で自転車好きなら知らない人がない鳥山新一さんは、5月19日に心臓疾患でご逝去された。1919年東京生まれ。享年102歳。 日本のサイクリング界への貢献を振り返る。 こんなエピソードがある。 戦時中にNCTC仲間…

3か月前

サイクルパワー
━自転車がもたらす快適な都市と生活━

(横島庄治 ぎょうせい 2001年刊) 本書は、都市生活における自転車利用の啓蒙書として、21世紀のあり方を語っている。内容はエッセイ集に近い趣きがあり、わかりやすく読みやすい。 著者はNHK社会部出身、当時は高崎経済大…

3か月前