ルーティンワーク

緊急事態宣言、いかがお過ごしでしょうか。コロナ対応ワクチン、接種されましたか。 筆者の居住地域はまだ、ワクチン注射のお知らせが5月1日現在なしです。Covid-19の変異ウィルスはすでに昨年末からイギリスで猛威を振るい、…

20時間前
1冊の本

銀輪賛歌(マエダ工業株式会社60周年記念)

(マエダ工業 三幸社 1982年刊) 今回紹介する自転車本は、1900年代後半「サンツアー」ブランドの名の下に世界に雄飛した、マエダ工業の60周年記念史である。 本書が刊行された1982年(昭和75)は、“黄金の80年代…

3日前

ヒット車の系譜(5) 嵐のなかの再出発/ラクッション

一滴の赤いインクを水面に垂らすと、パッと赤い色が全体に広がる  横芝の脳裏に浮かぶイメージである。混乱する市場に一つのヒット車を出せば、赤い色が拡散するように難局を打開できるはずだ……。 (1) 1996年ブリヂストンサ…

2週間前

佐渡島1周 /佐渡ロングライド

2013年“太平洋の水を日本海にそそぐ”で始まった、オッサンたちの“日本横断ぶった切り”の旅。新潟・四国・九州・沖縄・北海道と日本列島を切りまくり、つでに千葉県が島であることも実証した。次なる目標は佐渡である。 佐渡1周…

2週間前

信号のない道

東京に暮らし、たまに田舎に数日滞在します。 どちらにも長短あるけれど、田舎に滞在したいのは非日常を得られるから。 田舎は房総半島の富津。ちょっと辺鄙な場所を拠点にして家庭菜園と、山間部をサイクリングし夏は海で波と戯れる。…

3週間前

「こころの玉手箱」と自転車調整法

 日本経済新聞夕刊連載のエッセイ「こころの玉手箱」には、人生で心に残った思い出の品として、しばしば自転車が登場する。それほど自転車は人々と深いつながりがある……。  数年前、映画監督の坂本晋也さんが同欄に一文を寄稿された…

4週間前

ヒット車の系譜(4) 起死回生!点灯虫秘話

 1989年のテーマ車アルミグラ大失敗。MTBも低迷。迫りくる中国台湾廉価車の大量流入。10年間ヒット車を連発して、“黄金の80年代”を謳歌したブリヂストン。ついに落日か?業界注目のなか、命運を賭けた起死回生の一手を放つ…

1か月前

屋外イベントはやるべし!

“コロナ禍”という地球規模の不安。 2019年末から燃え広がったCOVIT-19の社会不安、自転車界に大きく影響を与えました。 自転車が売れている。ヨーロッパでは健康維持や移動手段に自転車を使うことが推奨されて政府が補助…

2か月前

30年振りの3万円

いま、株式市場が湧いている  。 本年(2021)2月、日経平均株価が30年振りに3万円台を回復。1989年12月につけた史上最高値38.915円への再挑戦が視野に入ってきた。 30年前といえば、世の中が好景気に踊ったバ…

2か月前

自転車の本

(ブリヂストンサイクル工業 集英社 1976年刊) 今回紹介する自転車本は、ブリヂストンサイクルが、1976年春需キャンペーン「らんらんセール」の自転車購入客に、景品として付けた小冊子である。 “ハッピーなサイクルライフ…

2か月前