赤切符と青切符

近年自転車の交通事故が多発している  。 全体の交通事故件数は目立って減少しているが、自転車関連事故は横ばいのまま高止まり、全体に占める割合は逆に増加している。 10数年前から自転車は数々の新しい需要を生んでいる。いくつ…

3週間前

多角化の道(2)
スキー事業始末

 いまでは知る人もいない。かつてブリヂストンサイクルがスキー用品の事業化を図ったことを……。  企業が多角化経営を企図する場合、既存の技術やノウハウを活用して展開する例がほとんどである。今日ならM&A(企業の合併・買収)…

3週間前

海外生産依存からの脱却

9月21日のヤフーニュースに、日本のエアコンで現在トップブランドであるダイキンが下した素晴らしい決断が報じられていた。 見出しはこうだ。<「中国以外にも生産拠点を」ダイキン、部品調達先に要請へ。ロックダウンの供給途絶リス…

2か月前

米国勃興と英米戦争

 19世紀後半、欧米の主要産業に成長した自転車工業。第三・第四世代の新製品を次々に開発して自転車国の絶対王者となったイギリス。量産システムを構築してイギリスを追撃する新興アメリカ。1890年代、王座を賭ける英米自転車戦争…

3か月前

国道でホビーレース

ヒルクライム大会で、国道をコースに使うのは相当にハードルが高い。 それをクリアしたのが9月11日(日)に長野県で初開催の『志賀高原ヒルクライム』。距離13.1km、平均勾配5.6%、標高差743mの大会スペックだが、渋峠…

3か月前

自転車産業遺跡を巡るポタリング

梶原利夫さんの発案で、2022年7月17日(日)に“自転車産業遺跡を巡るポタリング”を開催しました。これは、東京自転車歴史フォーラムのプレイベントに位置付けられます。 自転車の歴史に興味ある人を対象に、東日本における自転…

4か月前

多角化の道(1)
パーツ&アクセサリー

 “自転車事業の多角化”は極めて困難。自転車を“人力で動く乗物”を定義する限り、エンジンなどの機械力を使うとたちまち自転車では無くなる。歴史を振り返っても、オートバイ、自動車、そして稀に飛行機へと、事業の立て展開の例は多…

5か月前

断捨離=文化のバトンタッチ

同世代の知人がSNSで発言。とても共感した。 <老後2,000万円とか、生活破壊だとか、超インフレ襲来とか、年金半減とか。(中略)相続と税務と老後節約生活の相談をしました。(中略)1週間で今後のビジョンといくつかの選択肢…

5か月前